アイコンデザイナーとして生活ができる?

あなたのデザイン力にもよりますが、優れたデザインアイコンを生み出せる能力があれば、生活していくことは可能でしょう。
他の職業と同様プロとなって、活躍するなら、しっかりとした収入も望めるかもしれません。

デスクトップのさまざまなアイコンを自分の好みにカスタマイズするのはたくさんの人が好むことです。アイコンをデザインするというのは、アイコンを用いてウェブアプリケーションをデザインすることだからです。アイコンは書類、箱、データやネットワークのオブジェクトを通常表現し、ユーザーがアプリケーションを操ることを可能にするためのものです。アイコンは多くの場合、明らかに分かるテキストを用いられています。アイコンのサイズはそれぞれのアイコンによって異なり、またデザインをするにも多くの異なるツールが使われます。

アイコンに関するサービスもネット上では、多く見受けられます。アイコンの制作、編集、検索、保存、変更、また、Windows Vistaのアイコンを含む数多くのアイコンをダウンロードするサービスなど色々です。あなたもアイコンを自分で作れるようになれば、アイコンデザイナーとしての道が開けるかもしれません。また、アイコンデザイナーとして成功するには、単純なミスをしないようにしましょう。

アイコンの違い

デザイナーは時々、同じ目的のためのアイコンを作らないといけないことが多々あります。例えば、メールを表すアイコンを作成する場合、貴方は何通りの違ったデザインを考え付きますか?色々なアイデアを常にもって、同じアプリケーションのためであっても、クリエイティブな異なるアイコンを作り出せることデザイナーとしての成功の鍵となります。

アイコンに使われる画像要素

1つのアイコンを作成するのに多くの要素を混在することは避けたほうが良いでしょう。アイコンが単純であればあるほど、見た目はよりエレガントになります。また各アイコンの使用目的の範囲を絞ることで、魅力的で的確なアイコンを作成することが出来るでしょう。近年、大きく、太字のアイコンがはやっていますが、成功するためには、計算された計画性を持ち、それぞれが伝えたい事柄を小さいストーリーとして表現することです。これは、アイコンが小さいとより困難となりますが・・・。

不必要な要素を使わない

アイコンは目的のために完全にマッチするように作成されなければなりません。使用している要素が少なければ少ないほど、アイコンとしては良いものとなるので、出来るだけ目的と関係のない要素を使用しないことが重要です。もし、貴方がデータベースのためのアイコンを作っているなら、データーベースと関係の浅いものや全く関係のないものは出来るだけ使用しないことです。

魅力的なスタイルを使う

統一されたスタイルを用いて1つのアイコンセットを作ることは重要です。スタイルとはこの場合、アイコンのサイズ、視覚的方向性、色合い、描くテクニック、またこういった詳細の統一を意味します。もし1つのセットに多くのアイコンが含まれているなら、こういった統一性に気を配りながら、他のデザイナーと共同で制作することになるでしょう。

不必要なシャドーと視覚的方向性

小さいアイコンを制作する場合に、出来るだけ不必要な影付けとアングルを与えないことも大事です。これらの要素が含まれる小さなアイコンは複雑なものになりがちだからです。

あまりにユニークな比喩表現

1つのアイコンに必要なものを選択するには独自性と認識性の両方から大切な要素を選びぬき、妥協して決定することになります。比喩的なアイコンを作成する前に、あなたの比喩が誰にでも簡単に分かるものであるか、そしてそれが独自性のあるものであるか、をしっかりチェックしましょう。

社会的に認知される文字や形

デザインを始める前に考慮に入れたいことがもう1つあります。それは世の中で認識されているサイン、文字、形です。(例:公共のトイレのマーク。男子のマークと、女子のマークは誰にでも認識されるように同様の形をしています。またこれはほぼ各国共通とも言えるでしょう。)これらはアイコンを制作する上で大切な要素となります。しかしならが、色々な認識物や、伝統、ジェスチャーなどは、その国によって異なります。曖昧なデザインや要素は、アイコンの意味を失わせてしまうこともありますので、気をつけて使用しましょう。また、たくさんの文字を使用することも避けたほうが良いでしょう。

考慮すべき点は色々ありますが、これらの点に気をつけて、デザインにチャレンジしてみてください。既に他の分野でデザインをされている方なら、簡単にデザイナーとして活躍できるかもしれません。卓越したすばらしいアイコンクリエーターになれば、相応の収入にも期待できるでしょう!

コメント0件

コメントはまだありません。

RSSでこの記事へのコメントを購読する。

ごめんなさい。現在コメントは受け付けていません。